シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博多ヒッチハイク1日目

どーも。ふみです。

ヒッチハイク1日目終わりました。

今日1日を振り返ってみましょう!!

出発前

南町田駅の近くから海老名SAに乗るため、南町田駅で降りました。

電車の中の僕がこちら。

とてもワクワクしていました。

「どんな人が拾ってくれるんだろう。」

「だいたい30分くらいかな??」

こんな気持ちでした。

しかし・・・

1時間経っても拾われません。自信を失いかけてました。

すると・・・

通行人の緑のおっちゃんが

おっちゃん
そこ通る車、あんまり海老名行かないよ

とゆーことで海老名SAに電車とバスを使って移動!

海老名SA⇒足柄SA

とゆーわけで海老名SAに着きました。

このとき既に始めにあった自信は無くなってました。

とりあえず乗りたい!!!

乗らせてください!!!

てかどうやって乗るの???

こんな感じで5分後、1台の車が!!

会社員のおおやさん!!!

営業先の帰りに拾っていただきました!

おおやさん
昨日も1人拾ったんだよねー

ヒッチハイカーにとって神的存在であります。

初めてのヒッチハイクでかなり緊張していましたが、

おおやさんの優しい話し方に緊張が緩みました。

サッカーをやられていたとのことで

サッカーについて教わりました。

昔は静岡がめちゃくちゃ強かったらしく

日本代表に静岡出身がたくさん。

ということがあったそう。

ご自分のことをクズと仰っていたのが

今でも忘れられません(笑)

こんなに優しいクズはいない!!!

もはやクズではない!!!

ありがとうございました!!

足柄SA⇒草津SA

おおやさんに足柄SAで降ろしてもらってから

20分くらい経ちました。

「まじか・・しかも全然車いない・・」

足柄SAはシケていました。

あと、この段階になると絶対断られる人というのが

分かってきました。

・高級車&グラサン

・トラックのおじちゃん(いける人もいるらしい)

こんな感じです。

そんな中1台の滋賀ナンバーのかっこいい車が・・・

しかし・・

グラサンをかけていました。オワタ・・

一応名古屋方面と書いたスケッチブックを掲げました。

すると・・

止まってくれました。

まさか!!!グラサンが!!!

グラサンを外すとそこにはとても優しい笑顔が!

西川さんです!

西川さんがいなかったら今のぼくはいません。

なんと足柄SAから草津SAまで送ってくれました。

その距離約450キロ。時間は4時間。

実家に戻る途中ということでした。

「拾ってあげないと困るだろうなー」

と思ってくれたそうです。感謝!!!

同じ3年生ということでかなり盛り上がりました。(笑)

あと、西川さん、地理めちゃ詳しい!!

日本についてかなり詳しくなれました。

実家を過ぎて草津PAまで送ってもらいました!

最後に固い握手を交わし、お別れしました。

ありがとうございました!!

草津PA⇒西宮

本日の目的地神戸に行くために、神戸ナンバーの車に

声をかける作戦に変更!!!

しかしよそ見している間に2台の神戸ナンバーは

行ってしまいました。

凹んでいると・・僕と同じくヒッチハイクをしていた学生が

声をかけてくれました!!!

彼はなんと1年生!!!

しかもカナダに留学に行くらしい!!!

行動力がすごいなーと感じました。

(名前と連絡先聞くの忘れた・・・)

神戸ナンバーを探しはじめて1時間、寒さで震えていると、

1台の品川ナンバーのキャンピングカーが。

品川??もしかしたら神戸行くかも!!!

ということで声をかけてみました!

有名なカメラマンさん!!!(笑)

「神戸までは行かないけど手前までは・・

とりあえず中で話そう。うどん食べるから。」

ということで中で話しました。

めちゃくちゃ道に詳しくて

僕の博多計画の無謀さを痛感する形となりました。(笑)

そして!

人生初のキャンピングカーに乗せていただきました!

あらゆる扉に生活に必要なものが入っていて、

キャンピングカーすげぇ!!!

ってなりました。

車内では今後の人生に響く教えをいただきました。

・ゴールに向かってただ進むのではなく、

そのプロセスを楽しむ。

キャンピングカーに乗っていると

それがとてもわかるそうです。

その他にも、通った土地の歴史に関する情報など

たくさんのことを教えていただきました。

博学になれた気がします。

「荷物が多すぎる!!!」

とのアドバイスもいただきました。

ありがとうございました!!!

そんなわけで

西宮に着きました。

満喫に泊まりました。

2日目はどこまでいけるかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。