シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

博多ヒッチハイク3日目【FUKUTUU】

どーも。3日目です。

2日目の最終地点をゴールとすると決めていた僕。

博多を目指しましたが、広島までしか行けませんでした。

でも、褒めてほしい。

褒められて伸びるタイプです。

起床

1日目同様、漫画喫茶で目を覚ましました。

時刻は7時くらいだった気がします。

3日目は広島観光をしたかったので早めに起きて

15時くらいからヒッチハイクしようかなー

なんて考えてました。

なので7時に起きれたのはかなり良かった。

しかし、起きてしばらくすると

お腹が痛くなってきました。

出します。

しばらくするとまた痛くなりました。

肛門が悲鳴をあげていました。

汁なし担々麵が僕にダイレクトアタックしてきたのです。

そんなわけで格闘し、漫喫を出れたのは昼頃。

まずは、お好み焼き。

広島観光

人の観光話って皆さん興味ないと思います。

今からお好み焼きを食べて、

原爆ドームを見に行って、

宮島に行って、

ボートレースをして、

ヒッチハイクするまでのことをささっと書きます。

興味ない人はヒッチハイクするところから

読んでください。

てなわけで、お好み焼きを食べに行きます。

広島駅の中にあるお好み焼き屋さん。

まあまあ行列ができていましたが、30分くらいで入店。

なんちゃらスペシャル。牡蠣トッピング。2000円くらいしました。

食べてる途中に便意が。汁なし担々麵おそるべし。

続いては、原爆ドーム、宮島に行きました。

なんと、これ1枚で原爆ドームと宮島に行けます。

原爆ドームはすごかったです。

原爆の悲惨さは小さいころから聞いていましたが

実際被害にあった建物、衣服などを見るとそれをなおさら感じました。

見る人によって感想は様々だと思います。

続いて宮島へ行きました。

宮島口駅からフェリーで行けます。

全然人が乗っていませんでした。

荷物と僕で2席占領してやりました。

宮島に到着すると、鹿が出迎えてくれました。

著作権が心配なので写真は載せられません。

カレーパンを食べていると鹿がついてきました。

鹿を手懐けるのは簡単ということを学びました。

食べ終わると、そこに鹿の姿はありませんでした。

そして宮島を観光し、宮島口からヒッチハイクへ向かおうとすると、

ボートレース宮島

という文字が。

人生初ボートレース。

この思い出に1000円。

ヒッチハイク再開

歩いていける宮島SAに行きました。

駅から40分くらいでした。

着いたのは18時ごろ。

辺りを見渡し気づいてしまいました。

暗くね?(笑)

出発時間が遅く、ゆっくり観光していたので、

あたりはすっかり暗く、スケッチブックも見えなくなっていました。

オワタ。

おそらく今回のヒッチハイクで一番絶望した地点。

救世主大谷さん

かれこれ1時間。岡山方面のスケッチブックを掲げていると

おじさん
乗っていくか?

と声をかけてくれる人が。

そう!!大谷さんです!!!

大谷さんに拾って頂けなければ夜行バスで帰っていたと思います(マジ)

それほど寒くて死にそうでした。

声をかけていただいた時には涙がでそうでした。

名古屋まで行かれるということで、なんと多賀SA(滋賀)まで乗っけてくれました!

大谷さんは大きなトラックを運転されていて、荷台にはアルミの大きなロールが

積んであるとのことでした。これを曲げたりして車になるということで、

かなり重要なものを運んでいるということが21歳の僕にも伝わりました。

トラックは安全運転でしたが、私生活では昔はかなり飛ばしていたそうです。(笑)

カーブを曲がり切れず横転した話は度肝を抜かれました。

また、頭文字Dが好きとのことで、車内ではユーロビートの頭文字Dバージョンが

途中から流れ、眠気が吹き飛びました。

基本、車内で流すCDはTSUTAYAで安いやつを適当に買うそうなので、

僕はもちろん大谷さんも知らない曲がありました。(笑)

途中寄ったSAでは1000円を下さり、

「好きなもの買ってきな」と仰っていただき、

僕が疲れた感じでいると(出さないように頑張っていたけれど)

「寝てていいよーこっちは仕事だしー」と

すごく優しくしていただきました。

大谷さんのおかげで、深夜1時ごろには多賀SAに到着することができました!

ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。